2017年08月

ペコ 犬 オス チワワ 鍼治療

当院に来院されたきっかけ

14歳6ヶ月のときに、朝、突然立ち上がれなくなってしまいました。歩くこともできませんでした。かかりつけのお医者様から、検査のためMRIなどの設備がある大きな病院を紹介していただき、すぐに向かいました。MRIやCT、レントゲン等の検査の結果、首と腰の重度のヘルニアのため、このままではもう歩けるようにはならないでしょう。と首と腰の手術を提案されましたが、14歳のシニア犬に手術をさせたくなかったので、とても悩んでいました。そんなとき、アイ動物病院をご近所のかたに紹介していただきました。

治療後はどうなりましたか

初回のはり治療のあとは、立ち上がってゆっくりと歩いていました。 翌週に2回目のはり治療のあと、しっぽを振って普通に自分で歩いて診察室から出てきたので、びっくりしました。それ以降、1年過ぎた今も、自分の足で歩いています。手術を提案されたときに、すぐに返事をせずに、はり治療をして本当に良かったと思いました。

私は、はり治療のことをよく知らなかったのですが、先生がわかりやすく説明してくれたので、不安はありませんでした。

ぷりん 犬 種類 鍼治療

当院に来院されたきっかけ

首のヘルニアから前足が麻痺してしまい歩けなくなり、寝たきりになってしまいました。

何とか治してあげる方法はないかとネットで調べていたら鍼治療があることを知りました。

治療後はどうなりましたか

毎週一回、栃木から通い、その甲斐もあって少しづつですが良い変化が見られるようになりました。

『今日はこんなことができたよ。』

と、日々、赤ちゃんの成長を見守るような感じで過ごしていました。

四輪の車椅子も作ったのですが、ただ乗っているだけで足も動かすこともなかったのですが、自分で後ろ足を動かして車椅子を動かせるようになったのです。

もうすぐ15歳になる老犬なので、それだけでも充分だね。と、家中で喜んでいたのですが、まさか自力で立ち上がり歩き始めるとは!!初めて立ったのを見たときは目を疑いましたが、嬉しさと感動で涙が止まりませんでした。

でも、一番喜んでいるのはぷりん自身だと思います。

治療を始めて半年ですが、他のワンちゃんの飼主さんから『一回で歩けたよ。』『うちは五回目だよ。』

なんて話を聞くと、うちの子は、老犬だし四肢だからやはり難しいのかな。

なんて、少し落ち込んだ事もありましたが、あきらめず通い続けて本当に良かったです。

先生にいつも励まされ毎週病院へ行くのを楽しく通っていました。

本当に夢のようです。

引き続き鍼治療をしていきたいと思っています。

本当にありがとうございました。