フラワーレメディ

フラワーレメディ(フラワーエッセンス)

フラワーレメディ(フラワーエッセンス)

フラワーレメディ(フラワーエッセンス)

人間は、昔から自然と深く関わり、野山に咲き乱れる花々に心を癒されてきました。
それら植物の中でも花は、一番エネルギーが強い部分だといわれています。

その花の持つ癒しの力を、1930年代にイギリスのバッチ博士が療法として確立し、
数々のフラワーレメディを作りました。
症状にあったレメディを舐めるもしくは嗅ぐことによって、不安やストレスを取り除き、
安らぎを与え、感情のバランスのくずれをやさしく整えてくれます。

フラワーレメディは、植物(フラワー)のほかに動物・鉱物・海の生物・自然環境(オーロラや氷河など)からも
作られます。これらから、エネルギーだけをとりだしたものなので、味や香りもありません。
そして副作用もなく安心して与えられます。

てんかん様発作、問題行動、異常な興奮などの神経(精神)疾患に効果があります。