ワンちゃんの病気

ワンちゃんに注意してあげたいこと

区分期間体の変化ケアのポイント
幼年期誕生~3週目
(授乳期)
・目が開く
・歩き始める
・乳歯が生え始める
 
4週目~10週目
(離乳期)
生後2か月を過ぎたら
ワクチン接種1回目

★狂犬病ワクチン接種
生後91日以上のワンちゃんは、お住まいの市町村への登録、
及び年1回の「狂犬病予防接種」が法律により義務付けられています。

3ヶ月~10ヶ月
(成長期)
生後3か月を過ぎたら
ワクチン接種2回目
★避妊、去勢手術の実施
避妊や去勢をすることで、発情期特有の行動を抑えたり、
生殖器や性ホルモンに関わる病気を妨げます。
手術は成熟期前後が理想です。
(生後6か月~1歳くらい)
成犬期1歳~6歳★肥満・泌尿器系の病気に注意!
避妊・去勢後は太りやすくなるので、
注意が必要です。
膀胱炎や尿石症も多いため、
同様に注意が必要です。
★ワクチンと寄生虫予防・駆除
外で過ごす時間が増え、
病気のリスクが増えます。
忘れずにケアしましょう。
★年1回の健康診断
犬は人より早く年を取るため、
病気の進行も早いです。
早期発見のために!
高齢期7歳~16歳・老化が始まる
・老齢による視力の低下
・運動能力の低下
・足腰の衰え
★病気の初期サインを見逃さない
歯周病・関節疾患・白内障など
高齢犬に多い病気の初期サインを
見逃さないようにしましょう。
★ワクチンと寄生虫予防・駆除
抵抗力が弱まり、病気に感染しやすくなります。
ワクチン接種と寄生虫の駆除・予防の徹底を。
★年2回の健康診断
高齢期は年2回のチェックが理想的です。

ペットを知ろう

椎間板ヘルニア

軟骨の一部が変形して神経(脊髄)を圧迫することが原因と考えられており、一般的には手術が勧められます。
ですが鍼治療にもたくさんの改善例があり、手術に劣らない改善率が得られています。
一般的な治療では、手術により変形した背骨の一部(椎間板)を切除して、神経の圧迫を解除します。
手術前には画像検査で疑わしい椎間板の位置を把握しておきます。
画像検査も手術も、当然ながら全身麻酔が必要となりますから、麻酔に耐えられない場合は手術はできません。
術後は安静が必要です。

一方で鍼治療は動物への負担は非常に軽微です。
当院では電気鍼を使いますが、ほとんど苦痛に感じることはありません。
むしろ施術中は気持ちよくリラックスしてくれる子が多いです。
痛みが強い場合は、併せて半導体レーザーを使用しているケースもあります。

改善の度合いには差がありますが、たいていは数回の通院で改善が見られます。
治療期間中は運動は控えめにしたほうが良いですが、歩けるようになるとそうもいきません。
無理のない形で様子をみてもらっています。

リンパ腫

リンパ球ががん化してしまう病気です。大きな腫瘍を作らない、血液のがんです。
完全に治すことは無理ですが、延命は可能です。リンパ腫は4種類あります。

リンパ腫の種類

多中心型リンパ腫

一番多いタイプです。アゴや腋下のリンパ節が腫れてきます。

皮膚型リンパ腫

皮膚が赤くなったりただれてきます。ただの皮膚炎だと思っていると、全身に広がり急速に悪化してきます。

縦隔型リンパ腫

胸腔内にがんが現れ、胸水が溜まってきて呼吸が苦しくなります。
ネコ白血病ウイルスの感染との関わりが強く、若い猫に特別多いタイプです。

消化器型リンパ腫

腸の周辺のリンパ節が腫れてきます。食欲低下、嘔吐や下痢を繰り返して体重が減少してきます。

リンパ腫の一般的な治療法は抗がん剤です。すべてではありませんが、抗がん剤が良く効く珍しいがんなのです。
ステロイドでもある程度状態を抑えられます。全身に広がってしまうがんなので手術では対応出来ません。
抗がん剤が効くといっても一時的なもので、ほぼ間違いなく再発してしまいます。
当院ではホモトキシコロジーやサプリメントを使ってがんの進行を抑えます。
抗がん剤は免疫力を低下させますし、動物に嫌な思いをさせてしまうので基本的には使いません。
ですがステロイドは使うことはあります。

乳腺腫瘍

乳がんのことですが、がんではない良性のものもあります。
犬も猫も乳房の数が多いので、それだけ乳腺腫瘍の発生しやすく、また上下の乳房に転移しやすいと言えます。
悪性か良性かの厳密な判断は難しいですが、急に大きくなってきたらまず悪性で間違いがありません。
できるだけ早く手術で切除します。目に見えなくてもすでに転移しているかもしれません。
なので同じ列の乳房を切除してしまいます。ここまでやっても再発の可能性があります。
再発予防のための抗がん剤もそれほど良く効くわけではありません。
当院では免疫サプリメントを与えることを薦めています。手術後の免疫管理は予後に影響するため重要です。

ペットのアレルギー(アトピー性皮膚炎)

最近増えている病気に、ペットのアレルギー(アトピー性皮膚炎)があります。
これは、アレルギーになりやすい体質の犬・猫が、環境中の抗原(アレルゲン)を鼻・口・皮膚から吸収することで
現れます。
原因については、まだ明らかでないことも多いのですが、遺伝的なものが関係しており、食べ物だけでなく、
ホコリ・ダニ・ノミ紫外線などによって皮膚に刺激が起こることで痒みがでてしまいます。
免疫機能の異常や皮膚バリア機能の低下によっておこるため、
犬の場合は、年齢を重ねることによって、悪化していく傾向が見られます。

治療法として、痒みを抑えるという点では、ステロイド剤が有効です。
しかし、副作用の問題があるので、極力ステロイド剤の使用を少なくすること、
もしくは使用しない治療法を心掛けています。
そのために薬用シャンプー・サプリメント(必須脂肪酸・乳酸菌)・ホモトキシコロジー・漢方薬などを
併用しています。

残念ながら、アトピー性皮膚炎は、完治させることが難しい病気です。
ただし、うまく管理してあげることで症状も緩和され、楽しい毎日を送ることができます。